Top > Chromium > ソースからビルドする


ソースコードの取得

  • ディレクトリ作成と環境変数の設定
    $ mkdir Chromium
    $ cd Chromium
    $ export CHROMIUM_ROOT=`pwd`
  • プロジェクトをDLするためのツールを取得
    $ svn co http://src.chromium.org/svn/trunk/tools/depot_tools
    $ export PATH=`pwd`/depot_tools:"$PATH"
  • gclient (python+Subversionによるソース取得ツール)設定
    HEAD に設定する場合
    $ gclient config http://src.chromium.org/svn/trunk/src
    
    リリース Version に合わせる場合
    $ gclient config http://src.chromium.org/svn/releases/23.0.1271.17
  • ${CHROMIUM_ROOT} 下に .gclient が作成されるので編集する(checkout を加速する)
     "custom_deps": {      
       "src/third_party/WebKit/LayoutTests": None,
       "src/chrome/tools/test/reference_build/chrome": None,
       "src/chrome_frame/tools/test/reference_build/chrome": None,
       "src/chrome/tools/test/reference_build/chrome_linux": None,
       "src/chrome/tools/test/reference_build/chrome_mac": None,
       "src/third_party/hunspell_dictionaries": None,
     }
  • コードの取得開始
    $ gclient sync


必要なパッケージ

自動スクリプトでインストール
$ cd ${CHROMIUM_ROOT}/src
$ ./build/install-build-deps.sh
手動でインストール
$ su -
パスワード:
# yum install
で下記全てインストールしよう! 参考
  • subversion
  • pkgconfig
  • python
  • python2-devel
  • perl
  • gcc-c++
  • bison
  • flex
  • gperf
  • icu
  • expat-devel
  • nss-devel
  • nspr-devel
  • gtk2-devel
  • glib2-devel
  • freetype-devel
  • atk-devel
  • pango-devel
  • cairo-devel
  • fontconfig-devel
  • GConf2-devel
  • dbus-devel
  • dbus-glib-devel
  • glibc-devel
  • libX11-devel
  • libXrender-devel
  • libXext-devel
  • alsa-lib-devel
  • PackageKit-gtk-module
  • libcanberra-gtk2
  • bug-buddy
  • cups-libs
  • cups-devel
  • libgnomecups-devel
  • gnome-keyring-devel
  • libXScrnSaver-devel
  • elfutils-libelf-devel
  • binutils-devel
  • pulseaudio-libs-devel
  • bzip2-devel
  • libjpeg-devel


ビルド開始

  • Linux でビルドする場合、ココを参考にする
Static Library 編(メモリ:8GB以上必要)
$ cd ${CHROMIUM_ROOT}/src
$ ./build/gyp_chromium
     OR
$ ./build/gyp_chromium -D disable_nacl=1
※ Makefile が作成される。Error は必要なパッケージが足りていない事を意味する

$ make chrome
     OR
$ make chrome -j8
Error が出たら、足りないパッケージを入れる
Shared Library 編(メモリ:3.2GBでbuildできた)
$ export LD_LIBRARY_PATH=${CHROMIUM_ROOT}/src/out/Debug/lib.target
$ cd ${CHROMIUM_ROOT}/src
$ ./build/gyp_chromium -D component=shared_library -D disable_nacl=1
$ make chrome
  • gcc v4.6 以降でビルドする場合
    $ ./build/gyp_chromium -D component=shared_library -D disable_nacl=1 -D werror=""
    -D werror="" が必要
  • build command を表示する場合
    $ make chrome -j8 V=1

Tips

  • v23以降、追加で必要となったパッケージ
    • speech-dispatcher
    • speech-dispatcher-devel
  • 最近変更になったリポジトリ

    version 指定でビルドする場合、src ディレクトリ上のバージョンディレクトリ内にある DEPS ファイルを編集する

gsutil
アクセスに認証が必要なったので、とりあえず削除
jsoncpp
こちらはリポジトリが変更となった
旧:http://jsoncpp.svn.sourceforge.nt/svnroot/jsoncpp
新:http://svn.code.sf.net/p/jsoncpp/code

リロード   凍結解除 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 27 Jan 2014 02:20:43 JST (1608d)