Top > OS


OS(Operating System)の機能

APIとABI
OSはアプリケーションを動作させるのが第一の目的である。 Windows 等の登場で、コンピューター本来の動きが見えにくくなり、 現在のユーザーは殆どそれを意識しなくてもよくなっている。
アプリケーションを動作させるためのインターフェースが API(Application Programming Interface)とABI(Application Binary Interface)である。
プロセス管理
コンピュータ上の各動作は、バックグラウンドであっても一般のアプリケーションであっても、内部的にはプロセスとして動作する。 DOSのような古いOSは一度に1つのプロセスしか実行できない。 最近のOSは一度に複数のプロセスを動作させることができる(マルチタスク)。
メモリ管理
メモリ管理の1つとして、仮想記憶が代表的である。 仮想記憶システムはプロセスが使用するメモリ空間(アドレス空間)を 物理アドレスから分離し、プロセス単位の分離を実現すると共に 実質的に使用可能なメモリ量を増大させる。

本節では

OSに求められる機能、OS本来の動きを少し詳しく説明する予定。

参考

ウィキペディア


リロード   凍結解除 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 13 May 2011 00:20:01 JST (2356d)