Top > SQLite > データ型


sqlite でのデータ型

データ型の位置付け

  • 通常の(sqlite以外の)データベースは、データ型を指定してテーブルを作成する
  • sqlite では、型の指定は必須ではなく、推奨
  • 整数型のカラムに文字列を格納してもエラーとならない


データ型 (ストレージクラス)

意味
NULL・値が何も格納されていない時の値
・データ型を指定していても、データが無ければ NULL となる
INTERGER・正の整数及び、負の整数
・サイズは値により可変で、1~8 バイト
・INT や INTEGER と記述するが、PRIMARY KEY やオートインクリメントの場合、INTEGER と記述する必要がある
REAL・浮動小数点
・8 バイトの IEEE 浮動小数点として格納される
TEXT・文字列
・データベースのエンコーディング (UTF-8, UTF-16BE, UTF-16LE) を使用して格納される
・CHAR や VARCHAR は TEXT として扱われる
BLOB・バイナリラージオブジェクト
・入力されたデータがそのまま格納される

アフィニティ

  • 各カラムには、格納データがどのような型になるか(affinity)を持つ
  • 型を指定しても、どんなデータでも格納できることに変わりは無い
    意味
    TEXT・VARCHAR や CHAR などは TEXT として扱われる
    ・数値を格納しても TEXT になる
    NUMERIC・数値は INTEGER または REAL に振り分けられる
    INTEGER・NUMERIC と同じだが、小数点以下が 0 の場合は整数値として表示
    REAL・NUMERIC と同様に数値を扱う
    ・小数点以降も表示
    NONE・完全に追加されるデータの型に従う

リロード   凍結解除 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 13 May 2011 00:24:58 JST (2204d)