Top > WebKit


WebKit とは

WebKitの構成.png

WebKit とは、Webページを表示する為のフレームワークである。
HTTPを用いてWebページを読み込む機能や、画面にHTMLをレンダリングして描画する機能、 アプリケーションとのインターフェイスを提供する機能などが含まれている。

WebKit は、Safariのレンダリングエンジンである KHTMLとKJSというオープンソースライブラリをベースに開発されている。
KHTMLとKJSは、KDEプロジェクトによって開発されたクロスプラットフォームのライブラリであり、それぞれHTMLのレンダリングとJavaScriptの実行を実現している。 WebKitでは、これらのライブラリをポーティングし、WebCoreJavaScriptCoreというWebKit内部のサブフレームワークとして実装している。

KHTMLとKJSはオープンソースのプロジェクトである為、 それらをベースにしているWebKitもソースコードが公開されている。
これは、WebCoreの問題を外部のプログラマが発見することができる為、非常に大きな利点と言える。 2011年度時点でのソースコード管理リポジトリを下記に記す。

リポジトリ場所
SVN(Subversion)http://svn.webkit.org/repository/webkit/trunk
GITgit://git.webkit.org/WebKit.git

ソースコードは全体で約180万ロジックあり、大半がC++言語とIDL(Interface Definition Language)で記述されている。

WebKitの用途は、アプリケーションでWebページを表示することである。
例えば、HTMLで記述されたマニュアルなどの文書を、アプリケーション内で表示することが可能になる。勿論、Webブラウザアプリケーションを作ることも可能である。
但し、HTMLレンダリングに関してはSafariと全く同じものになるが、 HTMLの描画機能以外でWebブラウザに必要な機能、 例えばブックマーク機能や、URLを入力する際の補完機能などは アプリケーション側で実装しなければならない。


参考

How browsers work
W3C


添付ファイル: fileWebKitの構成.png 424件 [詳細]

リロード   凍結解除 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 04 Oct 2011 00:03:34 JST (2212d)